28歳品出しアルバイトの奮闘記

スーパーの売り場から見える世界

ブログのMVVを考えた

sponsored

f:id:uh-takumi-miyata:20200531195629p:plain

今日は自分がメインで運営しているブログのMVV(ミッション・ビジョン・バリュー)を考えた。とりあえず半日ほどで考えた内容なので、すぐまた更新するとは思うが、ひとまず現状の想いを言葉にした。

(※ブログタイトルを「Takumin.Online」から「T.M.O」に変更しました。MVVのことを始め、ブログタイトルについては下記の記事に書いています。)

takumin.online

T.M.OのMVV

T.M.Oのミッション

あたたかい気持ちになる瞬間を増やす

T.M.Oのビジョン

元気が出るコンテンツライブラリーを作る

T.M.Oのバリュー

上述したミッション・ビジョンを達成するために、T.M.Oでは以下の行動指針、考え方を大切にする。

  • 否定よりも肯定することに価値がある
  • 何気ない一言が勇気や希望になる
  • 捉え方が変われば見える世界が変わる
  • 読者であり続ける
  • 幸せな気持ちで書く

何のためにブログを公開するのか?という問いに対しては「あたたかい気持ちになる瞬間を増やす」ため。そして何を目指すのか?という問いに対しては「元気が出るコンテンツライブラリーを作る」が抽象的な自分の考えとなる。この考え方のもと、記事を企画・作成していく。

バリュー部分については以下に補足しておく。

バリューの補足

否定よりも肯定することに価値がある

否定よりも肯定することにつとめる。これは、宮崎駿映画監督の考え方に影響を受けている。宮崎駿は下記のように言っている。

だから今、環境を告発するような映画を作りたいとは全然思わない。もし作るんだったら『〝木〟っていうのはどれほど素晴らしいか』とか、そういう映画を作りたい(引用:著書『風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡』)

 僕も、こうありたい。例えば、仕事のモチベーションが湧く映画紹介記事を書くとしよう。その中で、働いていないことを否定するのではなく、働くことの楽しさ、仕事をすることの魅力を語る立場でありたい。

参考:宮崎駿さんの語る「エンターテイメント」がとても腑に落ちたので書き留めたい | T.M.O

何気ない一言が勇気や希望になる

ふとした瞬間、ふとした場所で、ふとしたら人から、言われた言葉、見た言葉が生きる糧になることがある。何気ない一つの言葉が、人を励まし勇気づけるし、傷つけることだってある。前者でありたいと思う。

捉え方が変われば見える世界が変わる

人は世界を、見たいようにしか見ていない、あるいは見えているようにしか見ていない。捉え方が変われば、いつもの風景だってあっという間に見え方が変わる。日々の見え方が昨日より今日、今日より明日、ほんの少し豊かになるようなメディアでありたい。

そんな、見え方が変わる瞬間をいかにして作るか、いかにフィルターを変えるかについて、探究し続けていきたい。

読者であり続ける

書き手であると同時に、読み手であり続けたい。自分が読んで楽しいもの、元気がもらえるものを書いていく。改善し続けていく。

幸せな気持ちで書く

これはマインド面。幸せな気持ちで書けば、生まれる記事もきっと幸せな香りのするものになる。気持ちや感情はアウトプットに伝播する。起点である自分自身の豊かさ、幸せについて日々考え、向き合うことを忘れない。

今後の目標とか

以上、ブログのMVVについて。冒頭でも書いたが、このMVVは定期的に見直し、考え直し、更新する。元気が出るコンテンツライブラリーを目指すわけだが、直近の指標はPV数を念頭に置く。これは、まずは読んでもらえなければ、質の高いコンテンツを作り続けることができない、という考えからだ。最初のマイルストーンとして、30万PV/月を目指す。時期としては2020年内をラインに想定。

2021年のスタートと同時に、新体制で始動することを一つのイメージとして、まずはメディア・ブログとしての基盤を醸成することに、2020年を位置付けようと思う。

今日はひとまずここまで。グッバイアゲイン!