28歳品出しアルバイトの奮闘記

スーパーの売り場から見える世界

集中補充とは?意味と自分の役割【品出しアルバイト】

sponsored

今日、サンガリア飲料の棚で品出しをしていたら、おじいちゃんが寄ってきて「いちにいサンガリア♪買っていくわ。サンガリアやからやっぱり3本買うもんなんか?」と冗談を飛ばしてきました。

なんかこのおじいちゃんノリが良さそうだと思ったので、「いや、30本かもしれませんよ」って返したら、納得したのかケースで買っていってくれました(笑)

さてさて、どうもこんにちは。今日も元気に品出しアルバイトに励んできました、たくみんです。今日は、集中補充という業務について書いていきたいと思います。

集中補充の意味

集中補充とは、様々な業務がある中で、指定された時間は商品補充に集中することを意味します。商品の欠品がないよう、特定の時間に一気に棚を整備するものです。早朝だったり、お昼の時間が落ち着いた頃に行います。

棚がボロボロだと、そこがボトルネックとなってあらゆる業務が滞るので、補充は重要な業務なのです。それ故、集中補充といった工夫があるようです。

集中補充時の役割

集中補充時、どのような役割を担うのかを整理します。

自分の担当以外の部門で集中補充の時

自分の担当以外の部門で集中補充を行う際は、集中補充の時間が来たら自分の取り組んでいる業務を止めて、指定された場所に行ってひたすら商品を補充します。あまり考えるべきことはありません。慣れない棚なので、似ている商品を間違えて陳列しないよう、JANコードのチェックを意識するくらいです。

自分の担当部門で集中補充の時

自分の担当部門で集中補充を行う際は、集中補充のための準備をする必要があります。やることとしては、他のスタッフの方々に協力して出してもらいたい商品を棚の前に並べる、「バラまき」という作業を行います。

事前にバラまいておいた商品を、集中補充の際に他のスタッフの方々が補充してくださいます。何を補充してもらいたいか、担当部門全体の商品の動きを見ながら仕切る必要があります。まぁ、これもそんなに難しくはありません。とにかく、棚の陳列分が無くなりそうな商品のケースを運んで来て、置いておけばOK。仮に集中補充の時間に補充しきれなくて余ったら、その後に自分で補充すればいいだけです。

おわりに

以上、集中補充とは?意味と自分の役割【品出しアルバイト】についてでした。スカスカ気味の棚をみんなで一気に補充すると、ビシッと整ったビフォーアフターがすごいので、達成感のような気持ち良さがあります。

余談

さて、本日の余談、飲料紹介コーナーです。今回は、『iMUSE(イミューズ) レモンと乳酸菌』という商品を買って飲んでみました。この商品も見てる感じけっこう売れています。

f:id:uh-takumi-miyata:20200618200108j:plain

なんだろう、身体に良さそう!って感じの味です。レモンウォーターと言えばそうなのですが、そこに何か乳酸菌感を感じます。いや、それどんな味やねんという感じかもですが、この味を表現するのが難しい笑

さっぱりした水に近い飲料が飲みたい人や、好きな人にオススメ。スーパーなんかで見かけたらチェックしてみてくださいませ。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。明日も素敵な一日になりますように。