28歳品出しアルバイトの奮闘記

スーパーの売り場から見える世界

スーパーの品出しで応募・採用されてもレジに入ることはあるのか?結論は「ある」【品出しアルバイトの日常】

sponsored

今日から7月ですね。暑さに気をつけながら、今月もがんばっていきまっしょい。さて、今回は、スーパーのアルバイトに「品出し」で応募しても、レジに入ることはあるのか?という疑問に対する記事です。

結論は「ある」です。品出しで応募・採用されても、レジに入ることはあり得ます。僕自身、品出しでの採用ですがレジにも入っています。

品出し担当でもレジに入る場合もある

f:id:uh-takumi-miyata:20200701085748j:plain

基本的には品出しとレジは別部門

スーパーのアルバイトにおいて、基本的に品出しとレジは別部門となります。募集枠も別々になっているところが多いでしょう。僕がアルバイトをしている店舗の場合は、レジはレジとして独立した部門となっています。

別部門とは言え忙しい時は互いに応援し合う

品出しとレジ部門、別々の部門であるとは言え、忙しい時には互いに応援し合います。多くの場合は、レジが暇な時に品出しの応援に入るケースが多いようですが、僕の場合は品出しがベースで、忙しい時にレジに入ります。

スーパーで買い物をしていると「レジ応援」という言葉が聞こえる場合がありますが、それがまさにレジ部門以外の人がレジに入る時の合図ですね。

僕が働いている店舗の場合はレジに入ると時給も変わる

僕がアルバイトをしている店舗では、品出しとレジで時給が違います。レジの方が50円くらい高いです。そのため、レジ応援に入った場合は、その時間だけ時給が50円アップするという体制になっています。

やらされるだけやらされる、という訳ではなくて、この辺りのフォローはきちんと整っています。店舗によるかもしれないので要確認ですが。

品出しだけしたい!というこだわりは捨てた方が早い

品出しだけにこだわるなら面接時に伝える

スーパーのアルバイトに「品出し」で応募しても、レジに入ることはあるのか?と疑問に思う人の多くは、品出しだけしたい!と考えている人が多いのではないでしょうか。僕も本来は品出しだけをしていたいです。

しかしながら、上述したように品出しで応募したとしても、レジに入ることはあり得ます。どうしても品出しだけにして欲しい場合は、面接の際に伝えておくべきかと思います。

とは言えレジにも慣れてしまった方が早い

とは言うものの、品出しだけにこだわりすぎず、レジにも慣れてしまった方が中長期的に見れば早いし楽かと思います。品出しだけにこだわる理由が「人見知りだから」とか「コミュニケーションが苦手だから」という理由なのであれば、トレーニングだと思ってレジも頑張ってみるのが良いと考えます。

そもそも、品出しのアルバイトでもお客様とのコミュニケーションはあります。それに、品出しにもレジにも入れる方が、店舗から見れば頼れる人材であり、双方の状況を理解している方が仕事もスムーズです。

品出しだけにこだわりたくなる理由も分かる気がします。ただトータルで見れば、最初は大変かもしれませんが、レジも頼まれるのであればレジも頑張った方が、メリットは多いかと思います。

おわりに

以上、スーパーの品出しで応募・採用されてもレジに入ることはあるのか?結論は「ある」【品出しアルバイトの日常】についてでした。当ブログは基本、品出しについて綴っていますが、レジについてもおいおい記事を作成していきたいと思います。

それでは、今回もここまで読んでいただきありがとうございました。今日も素敵な1日になりますように。

こちらの記事もぜひ↓↓