28歳品出しアルバイトの奮闘記

スーパーの売り場から見える世界

スーパーの品出しアルバイトで必須のアイテム『手袋』【品出しアルバイトの基礎知識】

sponsored

以前、品出しアルバイトの持ち物についての記事を書きました。今回はその中の一つ、手袋についてです。ダンボールを扱う品出しにとって、手袋は必須のアイテムです。その役割や、オススメの手袋について書いていきたいと思います。

品出しをするなら手袋が必須

f:id:uh-takumi-miyata:20200703213510j:plain

品出しアルバイトの勤務初日、手袋をせずに仕事をしました。すると、終わってから手の平がジンジンして真っ赤になっていました。手の平から手首にかけて無数の細かい傷ができて、手が腫れちゃった訳ですね。

その時は、この仕事続けてたら手の平がまずいことになるんじゃ?と不安になったものです。次の日、素手で仕事をしていると、手袋をした方が良いと教えてもらい、翌日から手袋をして仕事をするようになりました。結果、かなりに快適になりました。以下では、手袋をする2つの目的について整理します。

怪我防止のための手袋

まずはじめに、手の平に対する傷から身を守ります。ダンボールを運んだり、開いて中身を出すというアクションは、思っている以上に手の平を傷つけます。油断すると手の平から手首にかけてボロボロの状態になってしまいます。手袋があることで、よっぽどでない限り切り傷のようなものは防ぐことができます。

作業効率アップのための手袋

手袋をすると、傷から身を守ることに加えて、作業効率のアップにも繋がります。手袋が滑り止めとなって、ダンボールを掴む力、動かす際の力がグンと向上します。少ない力でグリップを効かせて持ち運びできるため、かなり効率が良くなります。以上2点の理由から、手袋の着用は必須です。

オススメは安めのゴム手袋

ゴム製のものがオススメ

手袋と言っても色々と種類がありますが、オススメはゴム製のものです。気合いを入れて革製のものも買ってみたのですが個人的には微妙で、ゴム製のものが一番使い勝手が良い印象です。

1~2週間で使い捨てられるくらいの安い手袋がオススメ

また、使用する時間的長さで言えば1週間程度、長くても2週間ほどで使い捨てて、新しいものを使用するくらいのイメージで安いものを買うことをオススメします。1週間も使えばかなりボロボロになるためです。

ちなみに、僕は飲料担当なので重たいダンボールを使うため、ボロボロになるのが早いというのもあるかもしれません。いずれにせよずっと使い続けるというよりは、安いものを買って新しくしていく考え方が良いでしょう。

例えばこんな感じのもの↓↓

おわりに

以上、スーパーの品出しアルバイトで必須のアイテム『手袋』【品出しアルバイトの基礎知識】についてでした。手袋があるのとないのとでは雲泥の差があります。品出しアルバイトをするなら、手袋を購入することをオススメします。

なお、その他品出しアルバイトで必要な持ち物について、下記の記事で紹介しているので、よければ合わせて読んでみてください。

それでは、今回もここまで読んでいただきありがとうございました。明日も素敵な1日になりますように。