28歳品出しアルバイトの奮闘記

スーパーの売り場から見える世界

祝・商品開発アイデアの社内募集で店長賞に選ばれました!【品出しアルバイトの奮闘】

sponsored

1ヶ月ほど前、商品開発アイデアの社内公募に応募してみようと思う!という記事を書きました。その当時の様子は下記参照。

結果が公表されたのですが、この記事のタイトルにもある通り、店舗内No1でした!わーい!パチパチ。アイデアの内容を書き込むことはできませんが、アイデアの応募を通じて感じたことを記録しておきたいと思います。

アイデアを評価してもらえた

f:id:uh-takumi-miyata:20200825222618p:plain

今回、アイデアを応募し店舗内での優秀賞をもらえたことは、一つの結果として嬉しく感じています。もちろん、製品化されてヒットした!とかではない訳で、だから何?って話ではあります。ただ、この2ヶ月間、品出しアルバイトをしてきた足跡にはなったのかなと。

そして直接的な結果の他、アイデアを応募してみて良かったと思うのは、①仕事に対する解像度が高くなった、②コミュニケーションが広く深くなったの2点です。

アイデアを応募してみて良かったこと

仕事に対する解像度が高くなった

1ヶ月程度の時間軸でアウトプットの目標ができたことによって、インプットの精度が高くなりました。売り場を見る観察力、お客様を見る観察力、従業員を見る観察力などなど、アルバイトの日常に対する見え方が変わります。アウトプットが多彩になると、やはり視界の解像度が上がりますよね。

コミュニケーションが広く深くなった

もともとアイデアを応募する理由の一つに、そのプロセスを通して普段コミュニケーションを取らない従業員の方々と話をするというものがありました。その目的通り、お昼休憩の時間などを通して、応募アイデアを話のネタにコミュニケーションを取ることができたので、それ以前に比べてかなり関係性が広がったと思います。また、共通の目標となるような内容について話すため、派生する会話にも深みが出たという印象があります。

浮かれず地に足つけて頑張る!

①仕事に対する解像度が高くなった、②コミュニケーションが広く深くなった、もちろんその他にも今回の経験を通して得られたもの、学んだことはたくさんあります。何より、また次に考えてみたい問いがたくさん浮かんでいます。それこそが財産です。

今回は素敵な結果となりましたが、これに浮かれず、地に足をつけて、謙虚に誠実に、周りの方々への感謝を忘れず、日々のアルバイト業務に励んでいきたいと思います。

おわりに

以上、祝・商品開発アイデアの社内募集で店長賞に選ばれました!【品出しアルバイトの奮闘】についてでした。仕事はやっぱり、言われたこと+αの部分に楽しさがありますよね。今回はそれが分かりやすくアイデアの社内公募という形で存在していました。今後も、一歩踏み込む姿勢を大切にして、スーパーの品出しアルバイトを楽しんでいきたいと思います。

それでは、今回もここまで読んでいただきありがとうございました。明日も素敵な1日になりますように。