28歳品出しアルバイトの奮闘記

スーパーの売り場から見える世界

書籍『一緒にいると楽しい人、疲れる人』を読んで|品出しアルバイトの読書記録【人間関係・コミュニケーション】

sponsored

品出しアルバイトを始めて2ヶ月半、今のところ良い感じに人間関係が築けてきていると感じています。今後も、続けていく以上、良好な人間関係を築けるよう努力していきたいと思っています。

今回は、先日気になって購入した書籍『一緒にいると楽しい人、疲れる人』について、参考になった点を記録しておきたいと思います。

仕事・アルバイトを楽しむには人間関係が重要

これはスーパーに限った話ではありませんが、仕事をする上で人間関係はとても大切ですよね。この間、ウェルビーイング理論についてもいくつか本を読みましたが、仕事はもちろん持続的幸福について考える上でも、人間関係は欠かせません。

ことスーパーで言うと、自分の部門のメンバーと良好な関係性が築けていないと、日々ストレスがたまるでしょうし、何より仕事が上手くいきません。そんな中せっかくなら、一緒にいる人にポジティブな影響を与えたいと思い、本書を手に取りました。

書籍『一緒にいると楽しい人、疲れる人』を読んで

一緒にいると楽しい人、疲れる人について

一緒にいると楽しい人、疲れる人

一緒にいると楽しい人、疲れる人

 

本書は、多ジャンルの転職を経て、現在は作家・写真家として活躍する著者による、人間関係について綴った一冊です。タイトルからも分かる通り、一緒にいて楽しいと感じる人と疲れる人、それぞれの特徴を提示しながら、仕事や人生をより楽しいものにする術を解説しています。一緒にいて楽しいと思ってもらえる人になりたい人、周りに疲れる人がいて対応策を考えている方などにオススメです。

メインターゲットは女性向けのようですが、男性が読んでも参考になる一冊です。Amazonの商品ページから概要を下記の通り抜粋します。

あなたの周りにもいませんか? 一緒にいると、気持ちが穏やかになる人。心が明るくなって、いつまでも話していたいと自然に思ってしまう人…。 あの人といると、なぜ楽しくなるのでしょう? あの人と過ごすと、なぜまた会いたいと思うのでしょう? あの人と話すと、なぜ友達になりたいと思うのでしょう? この本では、私が今まで出会ってきた「一緒にいて楽しい人」の話し方や、行動の習慣、考え方のエッセンスを紹介します。ここに書かれた習慣をちょっと試してみるだけでも、人間関係のストレスがぐんと減り、相手から好感をもたれ、物事がうまくいくようになるでしょう。だれでも「一緒にいて楽しい人」になることは可能なのです! ●疲れる人にならないためのポイント、疲れる人への対処法も紹介。

引用元:一緒にいると楽しい人、疲れる人 | 有川 真由美 |本 | 通販 | Amazon

印象に残ったこと・取り入れてみたいこと

些細なことに感動できる人になる

些細なことに感動できる人とは一緒にいたくなる、これが今回は一番印象に残りました。実際、素敵だなと感じる人を思い浮かべてみても、些細なことに感動できる人が多いと思います。また、何気ない日常にある素敵さを感じられる人間でありたいという、自分の思いにも通ずる部分があります。

新商品が入荷されて面白いと感じた時、お昼に食べたお弁当が美味しかった時、周りの従業員が頑張っている姿を見て素敵だなと感じた時、その小さな感動を言葉にできる人間でありたいと思いました。

嫌な人でも、嫌なときでも、挨拶だけはちゃんとする

次に印象に残ったのがこちら。苦手だなと思った人がいても、挨拶だけはきちんとする。挨拶だけはきちんとしておかないと、通じ合う機会を作ることが難しくなるということ。これは納得だし、ついつい挨拶自体も引き気味になってしまうことがあるので、気をつけようと思いました。誰とでも、いつでも、気持ちの良い挨拶ができる人間になっていきたいと思います。

何かをしたいと思ったら5分だけ動いてみる

フットワークが軽い人とは一緒にいたくなる、これもまた納得。そして著者がオススメするのが、何かをしたいと思ったら、5分だけでも良いので動いてみるということ。資料を取り寄せてみるとか、詳しい人に会う連絡を入れてみるとか、思い立ったら1アクション起こしてみる。これはマイルール的に設定しやすく、取り入れられそうだなと思いました。何かを思いついたら、そこに価値や意義があるのかを評価しようとしすぎず、最初の5分だけ動いてみてから考えるスタイルを意識してみたいと思います。

おわりに

以上、書籍『一緒にいると楽しい人、疲れる人』を読んで|品出しアルバイトの読書記録【人間関係・コミュニケーション】についてでした。今回は3つのTipsについてピックアップしましたが、そのほかにも参考になる点が多数収録されています。人間関係に関する書籍で、ライトに読める本を探している方はぜひチェックしてみてください。

一緒にいると楽しい人、疲れる人

一緒にいると楽しい人、疲れる人

 

それでは、今回もここまで読んでいただきありがとうございました。明日も素敵な1日になりますように。また、読書に関して、下記の記事もよければ合わせてどうぞ。