28歳品出しアルバイトの奮闘記

スーパーの売り場から見える世界

スーパーの早朝補充アルバイトはどんな人にオススメ?メリット・デメリットを紹介【品出しアルバイトの日常】

sponsored

どうもこんにちは!スーパーでの品出しアルバイトに励むたくみんです。今回は、スーパーの早朝アルバイトについて書いていきたいと思います。

早朝補充の仕事ってどんなことをするのか?魅力はあるのか?どんな人にオススメか?などのテーマで進めていきます。スーパーの早朝補充のアルバイトに関心がある方はぜひチェックしてみてください。

スーパーの早朝補充の仕事内容

f:id:uh-takumi-miyata:20201021181212j:plain

スーパーの早朝補充アルバイトの仕事内容は端的に言えば、「朝一番にガッツリ補充すること」と言えます。お店が開店する前に棚を綺麗に埋める仕事ですね。

①朝一番の荷受+仕分け

まず、朝一番のトラックでやってくるその日の入荷分を荷受し、荷受した商品を各部門毎に振り分けていきます。この辺りは重たい荷物を持つ仕事にもなるので、男性陣が多い印象です。なお、冷蔵を伴う部門では、前日の夜にバックヤードに下げた商品を売り場に戻す作業もはじめに行います。

②黙々と品出し

売り場に段ボール箱を振り分けたら、後はひたすら品出しをしていきます。段ボールを開封して、商品を棚に並べていく作業です。開店までに担当範囲の棚を整えるのが目標となります。

一部の人は見切りなどの業務も早朝に行う

基本的には上記の①→②の流れになりますが、商品の見切り作業を行う場合もあります。見切りとは、消費期限が近づいている商品などを売り場から省く作業です。見切った商品は、値引きするか廃棄するかの判断になります。この辺りはやや神経を使う場合もありますが、アルバイトに応募していきなりこの作業を任されることはないので心配いらないかと思います。

早朝補充アルバイトの勤務時間(自分が働いている店舗の場合)

早朝アルバイトの勤務時間について。僕が働いているスーパーは9:00開店で、6:00から10:00の4時間勤務の方が多いです。中には7:00から10:00の3時間の方や、7:00から11:00の4時間の方などもいらっしゃいます。

一番多い6:00出社の方だと、5:00起きや4:00起きという方が多いですね。僕は青果で6:00出社なのですが、4:30に目覚ましをセットする生活をしています。

スーパーの早朝補充アルバイトのメリット

f:id:uh-takumi-miyata:20201021181433j:plain

さて、以下では早朝補充アルバイトのメリット(と考えられること)について書いていきたいと思います。デメリット(と考えられること)についても後述します。

朝が早いので早寝早起きの健康的な生活になる

勤務時間帯の部分で触れましたが、朝の4:00や5:00に起きる生活になるため、早寝早起きの健康的な生活になります。夜更かしして健康を乱しがち...なんて人には、生活改善にすらなり得ます。

終業も早いので日中の時間を有効活用できる

朝が早いということは終業も早いということ。10:00や11:00には仕事が終わります。お昼以降の時間でダブルワークをしたり、就職活動をしたり、あるいは勉強や趣味に充てるなど、日中の時間を有効活用できるのは魅力です。18:00に終業だと休日にしか予約の取れない歯医者なども、曜日を問わず通うことができます。

接客要素が少なく黙々と働ける

早朝補充は開店前の店内で業務を行うため、お客様がいません。そのため、接客することもないため、黙々と作業を行うことができます。従業員同士の会話も日中と比べると少ないため、人と話さず一人で作業に集中したい人には快適です。

イレギュラーな状況が少ない

お客様がいらっしゃらないということは、予定外の業務が発生する確率も低くなります。日中はお客様からの質問にお答えしたり、予期せぬ注文が入ったり、様々な想定外な状況になります。なかなかその日に立てた予定通りに進めることができず、残業をせざるを得ないなんてこともあります。その点、早朝補充はほぼほぼイレギュラーな状況も起きず、予定通りに進めていくことができます。

時給が高い場合が多い

早朝補充は、日中の通常の補充枠に比べ、時給が高い場合が多いようです。僕がアルバイトをしているスーパーも、早朝補充は時給が100円ほど高いです。報酬が高いというのは純粋にメリットですね。

誰にも知られず粛々と働ける

メリットの最後に、早朝補充はアルバイトをしていることを知られずに働けるという点において、魅力だと捉えている方もいます。日中のスーパーには、ご近所さんがたくさん来店されます。自分がそのスーパーで働いていることは、意図せずとも知られていきます。それが何らかの理由で嫌な場合、朝働くというのも一つの手という訳ですね。上述したようにお客様と出会わないので、知られる可能性も低くなります。

スーパーの早朝補充アルバイトのデメリット

f:id:uh-takumi-miyata:20201021181352j:plain

ここまではスーパーの早朝補充に関するメリットについて書いてきました。以下では、デメリットと考えられる点について触れていきたいと思います。

前日の夜に予定を入れづらい

朝が早いため、前日の夜に予定を入れづらいというのがデメリットになる場合があります。例えば自分は10:00に終わっていても、友人の仕事が終わるのは18:00だったとします。すると、食事に行こうとなると19:00や20:00スタートになりますよね。しかし、その時間帯はすでに眠たいのです(笑)

また、22:00や23:00まで呑んでいると、翌日きちんと起きることができるだろうか...?と不安よぎり、楽しみきれないなんてこともあります。早朝補充のアルバイトをする場合、翌日が仕事の日は夜に予定を入れづらくなる点は考慮しておく必要があります。

業務に変化が無く飽きやすい

早朝補充の仕事は単調であるため、飽きがきやすいと言えます。日中であれば、棚替えをしたり、レイアウトを考えたり、場合によっては発注をしたりと、ある程度幅のある体制となります。一方で早朝補充は、本当にひたすら品出しとなります。単調な作業がつまらないと感じる人には合わないかもしれません。

キャリアアップには繋げづらい

業務の幅が狭く単調ということは、得られるスキルや経験も幅が狭まるということを意味します。よって、成長に繋がりづらく(もちろん取り組み方によっては成長できますが)、キャリアに繋げづらいという点が懸念されるでしょう。ちなみに、内部での昇進(社員登用など)という意味でも、社員とそもそも接点が少ない早朝補充は、日中のアルバイトと比べると不利になりがちです。

スーパーの早朝補充アルバイトがオススメな人

早朝補充のアルバイトはどんな人に向いているか?オススメか?という問いについてですが、この記事の中でメリットとして挙げてきたことが魅力に感じる人にオススメです。というのも、目的や特性によって、メリットとデメリットは反転し得るためです。

例えば「一人黙々と作業をしつつ午後は就職活動をしたい!」という人にはピッタリですし、逆に「お客様とたくさんコミュニケーションを取りながら楽しく働きたい」という方には不向きです。この記事の中でメリット・デメリットとして紹介した項目を振り返っておきますので、検討している方は再チェックしてみてください。

【メリット】

  • 朝が早いので早寝早起きの健康的な生活になる
  • 終業も早いので日中の時間を有効活用できる
  • 接客要素が少なく黙々と働ける
  • イレギュラーな状況が少ない
  • 時給が高い場合が多い
  • 誰にも知られず粛々と働ける

【デメリット】

  • 前日の夜に予定を入れづらい
  • 業務に変化が無く飽きやすい
  • キャリアアップには繋げづらい

もちろん、これらは筆者の主観が入っていますし、働く店舗の状況によっても異なりますので、検討材料の一つとして客観的に捉えていただければ幸いです。

おわりに

以上、スーパーの早朝補充アルバイトはどんな人にオススメ?【品出しアルバイトの日常】についてでした。いかがでしたでしょうか。まだ世間が寝静まっている頃に、静かな店舗の中で売り場を作っていくのもなかなか楽しいですよ。何かご質問があればいつでもお答えさせていただきます。お気軽にコメントなどいただければと思います。

それでは、今回もここまで読んでいただきありがとうございました。明日も素敵な1日になりますように。