28歳品出しアルバイトの奮闘記

スーパーの売り場から見える世界

清掃性食品とは?ゴボウや人参を食べると歯が綺麗になる【品出しアルバイトの商品理解】

sponsored

歯は人体にとって重要な存在であり、歯を綺麗に保つことは欠かせない。今回投稿しておきたいのは、そんな歯の健康を保つ助けとなる、「清掃性食品」についてである。歯の健康を考えている場合にはチェックしてもらいたい。

歯の汚れを落とす機能を持つ清掃性食品

f:id:uh-takumi-miyata:20201113205347j:plain

清掃性食品とは、歯を綺麗にしてくれる食品のことである。「清掃」という名称からも分かる通り、歯の汚れを落とす機能を持っており、「直接清掃性食品」と「間接清掃性食品」の2つに分類される。

直接清掃性食品

歯の表面の汚れを落としてくれる食品を直接清掃性食品という。食物繊維を豊富に含んでいること、糖質や油分等を含んでいないこと、ある程度の硬さを持つこと、を特徴とした食品が当てはまる。咀嚼することで歯の汚れを落とし、歯の表面を綺麗にしてくれるという訳である。

直接清掃性食品の例
  • ゴボウ
  • 人参
  • キャベツ
  • セロリ

間接清掃性食品

食べることで唾液の分泌を促し、口内の「食べ物の停滞」「酸性化」を抑制してくれる食品を間接清掃性食品という。干し梅や酢の物など、酸っぱい食品が代表的な間接清掃性食品にあたる。

間接清掃性食品の例
  • 干し梅

清掃性食品に相対する停滞性食品

f:id:uh-takumi-miyata:20201113213120j:plain

清掃性食品に対し、歯の清潔さを考える上で要注意なのが停滞性食品である。清掃性食品が歯の汚れを落としてくれる機能を持つのに対し、停滞性食品は歯にまとわりついて口内に停滞するという性質を持つ。油分や糖分を持ち、柔らかい食品には注意が必要である。

停滞性食品の例
  • スパゲティ
  • パン
  • キャラメル
  • キャンディ
  • ポテトチップス

なお、ここまでに登場した「清掃性食品」「直接清掃性食品」「間接清掃性食品」「停滞性食品」という言葉を振り返って整理しておくと、下図のようになる。

f:id:uh-takumi-miyata:20201113215554p:plain

※上図は、当ブログ管理人が作成した。参考とした情報源は当記事最下部に記載。

捕捉|清掃性食品の食事への取り入れ方の例

清掃性食品と停滞性食品について把握したところで、どう取り入れれば良いか。まずシンプルに清掃性食品を食べる、停滞性食品を避ける、という方法が考えられる。その他、「清掃性食品を大きめにカットして使う」「歯ごたえの残るカット・調理法を用いる」「柔らかい料理の中に歯ごたえのある食品を混ぜる」などがある。また、噛む回数を意識するのも簡単に取り入れられる工夫である。

捕捉|歯磨きは欠かせない

今回、歯を綺麗にしてくれる「清掃性食品」について書いた。清掃性食品は、上述した通り歯の汚れを落とす機能を持っている。しかし、だからと言って歯磨きをしなくて良いという訳ではない。歯磨きをはじめ、口内の健康を維持する努力は必要である。その努力があってこそ、清掃性食品を取り入れる効果がある。

おわりに

清掃性食品とは?ゴボウや人参を食べると歯が綺麗になる【品出しアルバイトの商品理解】については、ひとまず以上とする。

"野菜や果物を食べよう!"というのは、健康を考えた時に誰もが耳にしたことのあるセリフだろう。僕も実際、何度も見聞きしてきた。その多くが「栄養面」からの理由であるのに対して、今回取り上げた「清掃性」は、食品や人体の機能的特徴に関する簡単であるという点が自分の中で新鮮だった。

食品について、人体について、学べば学ぶほど、日々の生活だったり、スーパーでの仕事が楽しくなるのだろうと感じた1日だった。これからも様々な視点からスーパーの仕事を捉え、貪欲に吸収していきたい。

参考文献&WEBページなど