28歳品出しアルバイトの奮闘記

スーパーの売り場から見える世界

スーパーの品出しアルバイトをするなら動きやすくて落ち着いたデザインの靴を選ぶべき【品出しアルバイトの日常】

sponsored

スーパーの品出しアルバイトにおける靴に関する質問を受けたので、今日はそれについて書いてみたい。まず結論としては、スーパーのアルバイトをするのであれば、靴は動きやすくて落ち着いたデザインの物を選ぶべきである。オススメはニューバランスやナイキなどの、ブラック・グレー・ネイビー色の物だ。

スーパーの品出しアルバイトにおける靴選び

f:id:uh-takumi-miyata:20200711205708j:plain

前提として社内の規定を確認しておく

まずはじめに、靴に関する社内の規定の有無・内容を確認する必要がある。アルバイトであれば契約時に説明されるかもしれない。僕も面接時に説明された。ブーツやサンダルはNG、派手な色のものはNG、など、おそらくなんらかの規定が存在するので、チェックしておくべし。

基本は動きやすさと落ち着いた見た目を重視

ルールを守った範囲で靴を選ぶ時、重視すべきは「動きやすさ」と「落ち着いた見た目のデザイン」の2つだ。

以前、品出しアルバイトの1日の歩数は2万歩だったという記事も書いたように、品出しのアルバイトは良く動く。動きやすさは、仕事の効率の観点、身体への負担軽減の観点から見て重要である。

また、接客業であるスーパーにおいて、過度に派手な見た目はNGだ。僕の働いているスーパーでは、派手な原色の靴が禁止されるなどのルールがある。オススメはブラック・グレー・ネイビーだ。

オススメのブランドなど

実際に僕が働いているスーパーで多いブランドは、ニューバランス、ナイキ、アディダスあたりだ。これらのブランドは、上述した要件を満たしている靴が多く、さらにブランドイメージとしてもフラットな印象がある。こだわりがないのであれば、ニューバランス、ナイキ、アディダス、この辺りから選んで買うのがオススメだ。

 

実際に僕もニューバランスの靴を履いてアルバイトをしている。ニューバランスは、柔らかい印象があるし、年齢を問わず愛されているブランドなので、会話のネタにできたりもするという付加的なメリットもある。個人的には一番オススメなブランドである。

おわりに

余談だが、品出しアルバイトをしていると靴の消耗はなかなか激しい。すなわち、靴も「消耗品」として考えられる。そのため、「洗いやすい靴」「安い靴」という条件を加えて選ぶのも良いかもしれない。色々と試してみて、自分に合った仕事用の靴を見つけていきたいものだ。

それではまた!以前、スーパーの品出しアルバイトにおける「手袋」について書いた記事が最近よく読まれている。よければ合わせてどうぞ。