28歳品出しアルバイトの奮闘記

スーパーの売り場から見える世界

スーパーで働くと季節の変化を感じられる【品出しアルバイトの日常】

sponsored

こんにちは!スーパーの品出しアルバイト生活を送るたくみんです。今回は、スーパーでアルバイトをする魅力の一つ、「季節の変化を感じられる」という点について書いていきたいと思います。スーパーのアルバイトを検討している方などはぜひチェックしてみてください。

季節の変化を感じられるという魅力

f:id:uh-takumi-miyata:20201231171826j:plain

季節に応じて商品やレイアウトが変わる

スーパーでは、日々新しい商品が入荷され、自分が取り扱う商品や、商品を陳列する棚が変化します。春夏秋冬といった四季をはじめ、ハロウィンやクリスマスなどのイベント系を含め、年間52週を基本スパンとして様々な変化を見ることができます。

今自分が担当している青果であれば、季節によって扱う野菜やフルーツが変わり、棚の作りやレイアウトがどんどん変わっていきます食品部門は季節によって「旬」が変わるので、本当に日々目まぐるしく景色が変わっていきます。

店舗の変化に伴い自分も季節の変化を体感できる

さて、そうやって商品や売り場が変わっていくのに連れて、自分も季節を追うように影響を受けていきます。まず、職場自体に季節感が全開なので、働いていて眼に映る景色が変わっていきます。

また、扱う商品の検食をしようと自分でも購入して食べることから、その季節の旬を感じることとなります。クリスマスにはクリスマスケーキを買ったり、お正月にはおせちを買ったり。「売る」仕事ではありますが、同時に「買う」習慣にも影響を受ける仕事だなと感じます。実際僕も、それまで買ったことのなかったような野菜やフルーツを買ったり、飲み物を買ったりしています。

パソコンの前に座って季節の影響度が低い職種で働くのに比べると、かなり季節の変化を体感できる仕事ですね。四季折々の味わいを感じたいという人に、スーパーのアルバイトはオススメできると思います。

おわりに

以上、スーパーで働くと季節の変化を感じられる【品出しアルバイトの日常】についてでした。前職時代は、季節が変わろうと関係なくずっとパソコンに向き合っていたし、クリスマス?仕事してるけど?年末年始?仕事してるけど?みたいな感じでした。それはそれで良いんですけどなんというか、人生の旨味を逃している感じを、今では感じます。せっかく四季のある国に生きているのだから、その変化を感じながら過ごしたいなと。

スーパーのアルバイト、季節の変化を感じられるという点においてオススメです。また、今回はアルバイトの目線から書きましたが、スーパーは季節の変化を日常的に感じられる素敵な空間だと思います。日々のお買い物の中でも、季節の変化を意識的に感じ取ろうとしてみると、お買い物がより一層楽しいものになるかもしれません。それでは、今回もここまで読んでいただきありがとうございました。明日も素敵な1日になりますように。