28歳品出しアルバイトの奮闘記

スーパーの売り場から見える世界

スーパーの仕事が面白くないと言っている人の特徴【品出しアルバイトの日常】

sponsored

こんにちは!スーパーの品出しアルバイトに励むたくみんです。年末年始、お正月商戦が落ち着き、やや平穏へと向かっているスーパーの今日この頃です。今回はタイトルにもある通り、スーパーの仕事が面白くないと言っている人について書いてみたいと思います。

スーパーの仕事が面白くないと言っている人の特徴

f:id:uh-takumi-miyata:20210110163112j:plain

スーパーでアルバイトをしていると、しばしば耳にするのが「スーパーの仕事は面白くない」という声です。それを理由に辞める人もいます。

で、そう言っている人をよくよく観察していると、そりゃそんな状態で仕事をしていても面白くないわな...と感じることが多いです。僕から見て、仕事が面白くないと言っている人の特徴は下記の5つ。

  • 特徴1.言われたことしかしない
  • 特徴2.業務・商品・業界などについて勉強しようとしない
  • 特徴3.目標がない
  • 特徴4.売り上げに興味がない
  • 特徴5.人間関係を築く努力を怠っている

人の振り見て我が振り直せじゃないですが、こうして振り返ることで、自分の仕事に対する姿勢も省みたいと思います。以下、上述した5点についてそれぞれ捕捉していきます。

特徴1.言われたことしかしない

スーパーのアルバイトは仕事である以上、あれしてこれしてと指示を受けます。仕事を楽しんでいる人は、受けた指示+α動いています。一方、楽しくないと言っている人は受けた指示をただただこなすだけ。それでは楽しくありません。言われたこと+α何かをやってみようと考えると、仕事が楽しくなるのではないでしょうか。

特徴2.業務・商品・業界などについて勉強しようとしない

スーパーでアルバイトをしていると、様々な商品に触れます。また、小売業という業態については代表格であると言えるほど、物を仕入れ、管理し、販売します。それらの一つ一つについて知ろうとすれば、テーマは無数にあります。仕事を楽しんでいる人は、これら業務や商品、業界知識について勉強し、日々新しい情報に触れています。一方、楽しくないと言っている人ほど、何も新しいことを学ぼうとしません。

スーパーについて今より一歩深く学んでみようと考えると、仕事が楽しくなるのではないでしょうか。まずは自分が日々並べている商品の公式サイトをチェックするなど、一歩はいつでも簡単に踏み出せます。

特徴3.目標がない

何らかの目標がある人、そういう人もまた、仕事を楽しんでいると思います。一方、楽しくないと言っている人は目標もなく、ただただ時間の中で作業をこなすのみ。

業務上の目標でも良いし、プライベートの目標でも良い。大きくても良いし、小さくても良い。何か目指すもの、未来に思考が向かうものを持っている人は、今目の前の状況に意味を与えられるのでしょう。何か目標を設定することで、仕事の楽しさが増すのではないでしょうか。

特徴4.売り上げに興味がない

スーパーの仕事を楽しんでいる人、というのは、パートであろうとアルバイトであろうと売り上げに関心の強い人が多いです。売れた、売れなかったという喜びと悔しさが、日々の業務に対するモチベーションとなっているのでしょう。一方、楽しくないと言っている人は、売り上げに興味がない人が多いと思います。

売り上げを伸ばすにはどんな工夫ができるだろう?と考えることで、仕事が楽しくなるのではないでしょうか。

特徴5.人間関係を築く努力を怠っている

最後に、何事も「何をするかより誰とするか」によりますよね、っていう話。職場内の人間関係、コミュニケーションが良好な状態である方がチャレンジもしやすく、楽しく働けるわけです。仕事を楽しんでいる人は、意識的か無意識的かに関わらず、良好な人間関係を築くための努力をしているし、そのために時間を割いています。

一方、楽しくないと言っている人ほどそうした努力をせず、孤独な状態で働いています。楽しい職場、楽しいチームにするために、自分に何ができるか?と考えることで、楽しく働くための土壌を作っていくことに繋がるのではないでしょうか。

まとめると「受け身」

さて、ここまで5つの点から、仕事が楽しくないと言っている人について書いてきました。これらをまとめて一言にするならば、ズバリ「受け身」な人ほどつまらなさそうに仕事をしていて、楽しく働いている人の多くは主体的で積極的であるということです。

何でも良い。今日は他部門の●●さんに話しかけてみよう、今日はいつもより大きめに「いらっしゃいませ」を言ってみよう、今日は品出しの順番を変えてみようとか。何でも良いので自分から考えて取り組むことで、仕事はグッと楽しくなるのだと思います。

おわりに

以上、スーパーの仕事が面白くないと言っている人の特徴【品出しアルバイトの日常】についてでした。この記事を書いていて、自分自身ももっとできることあるなぁ〜と感じたので、明日から改めて頑張っていきたいと思います。

余談ですが、最近読んだ本で、このテーマに関する作品があったので、載せておきます。ライトで気軽に読めるし、部分読みもできるような一冊です。タイトルにビビッとくるものがあれば、チェックしてみてはいかがでしょうか。詳細はこちらから↓↓