28歳品出しアルバイトの奮闘記

スーパーの売り場から見える世界

スーパーの品出し・レジ業務に関する振り返り用メモページ【アルバイトの自分用備忘録】

このページは、スーパーの品出しアルバイトに励む中で、日々の業務を振り返って感じたこと、学びとして抽出されたことをメモしていくページです。記事というよりも、筆者の私自分自身用のメモページとなります。

基本的には、こんな状況に遭遇した。今回はその状況でこのように行動したが、理想はこうで、次回からどう行動するか?というフォーマットでメモしていきたいと思います。いつの日か振り返った時、学びの一覧として眺められるようなページを目指します。なお、列挙した内容の中で深掘りしたいものについては記事化していきます。

品出し(接客)業務関連

お客様と欠品商品について話す時は認識のズレにより注意すべし

欠品した商品について質問された場合、棚のプライスカードを見ながらお客様と話をする。その際、お客様と自分の間で、話の対象となっている商品が一致しているかどうか、普段より入念に確認した方が良い。モノが目の前にある場合、イメージがズレることはないが、目の前にない商品の場合は、お客様が異なる商品をイメージしている可能性がある。商品の特徴はもちろん、サイズなども大きい・小さいなどの曖昧な表現を使わず、500ml、1.5Lなど絶対量で会話をするように心がける。

ケースの在庫を確認された商品は余分に売り場へ運ぶべし

レジ業務関連

未記入

その他

残業依頼が複数部門から来た時は調整できるかを確認すべし